スマホ/タブレット/ノートPC/パソコン

  • レノボ初ゲーミングスマホ「Legion Phone Duel」
    レノボ初ゲーミングスマホ「Legion Phone Duel」
    76,800円-116,800円
    ヴェルテは、レノボ社製ゲーミングスマートフォン「Legion Phone Duel」の取扱を開始いたします。

    レノボ初のゲーミングスマホです。
    5Gに対応したSnapdragon 865 Plusを搭載し、横から飛び出すポップアップカメラ、デュアル冷却システム搭載、デュアル90W充電対応大容量5,000mAhバッテリー、144Hz駆動表示、240Hzタッチ感度のディスプレイ搭載地上最強パワーのゲーミングスマホです。

    中国版が「Legion Pro」、グルーバル版が 「Legion Phone Duel」で、通信対応バンドが違います。グローバル版が日本適合です。

    Introducing the Lenovo Legion Phone Duel
    https://www.youtube.com/watch?v=NuX1dWUi_qo

    Lenovo Legion Phone Duel | The Evolutionary Edge
    https://www.youtube.com/watch?v=n9WHykiRXYI

    Lenovo Legion Phone Duel 15"
    https://www.youtube.com/watch?v=ln6lbv9RmoI

    Lenovo Legion Phone Duel Unboxing - The Rog Phone 3 Rival
    https://www.youtube.com/watch?v=PSYyARSuKys

    ヴェルテでは日本未発売の海外ゲーム関連製品の輸入販売を行っています。
  • Amazon Echo Frames第二世代
    Amazon Echo Frames第二世代
    28,800円-38,800円
    日本未発売のアマゾン社製スマートグラス「Amazon Echo Frames第二世代」を輸入販売

    世界の珍品・キワモノばかり取り扱うネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、米アマゾン社製スマートグラス「Amazon Echo Frames第二世代」の輸入販売を開始すると発表いたしました。

    「Amazon Echo Frames第二世代」は米国時間2020年11月19日に予約受付を米国限定で開始し、12月10日に出荷を開始しました。

    「Amazon Echo Frames第二世代」は音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートメガネです。従来の第一世代は、2019年に招待制で限定的に発売された実験的な製品でした。第二世代となったAmazon Echo Framesはようやく一般発売され、誰でも購入できますが米国内限定です。

    フレームのテンプルにマイクとスピーカーを配置し、iPhone、Androidスマホと接続して、音楽再生、通話、Alexaの操作が可能です。フレームボタンを押すとSiriやGoogle音声アシスタントの操作が可能です。

    Echo Frames – Eyeglasses with Alexa
    https://www.amazon.com/dp/B083C58VDP/

    Echo Frames: Eyeglasses with Alexa
    https://www.youtube.com/watch?v=gmVgPF4ofsE

    第二世代となったAmazon Echo Framesは、第一世代と比べ、バッテリー駆動時間が40%延びたほか、逆さに置いて3秒以上たつと自動的に電源が切れるようになっています。また、周囲の雑音に合わせてボリュームを自動調整することができます。フレーム本体カラーは、Classic Black、Horizon Blue、Modern Tortoiseの3色が提供されます。

    当然、今回の輸入販売は米アマゾン社は一切関知しておりません。
    世界的に日本が販売対象地域から外されることが続いております。当店は世界の最新技術の製品を日本に輸入販売してまいります。
  • MSXパソコン「MSXVR」
    MSXパソコン「MSXVR」
    48,800円-58,800円
    ついに出荷開始!懐かしのMSXパソコンの新製品「MSXVR」一般販売

    3年に及ぶ開発期間を経て、事前予約を受け付けていたスペインのMSXVR Computer社製MSXパソコン「MSXVR」はこの程、出荷を開始いたしました。
    これを受けて、ヴェルテは、「MSXVR」の一般販売分の新規予約受付を開始すると発表いたしました。

    下記は到着報告のユーザーによるレビュー動画です。

    MSXVR Unboxing y review | primeras impresiones
    https://www.youtube.com/watch?v=VJ4w3VB9Fvc

    MSXパソコンとは、パソコン黎明期の1983年にマイクロソフトと日本のアスキーによって提唱された8ビット・16ビットのパソコンの共通規格「MSX」によって設計開発製造されたパソコンであり、MSXとその後継規格であるMSX2(1985年)、MSX2+(1988年)、MSXturboR(1990年)の総称でもあります。

    MSXパソコン「MSXVR」は、Raspberry PiをMSX-Engine として採用し、MSX、MSX2、MSX2+、MSXturboRに対応し、本体・キーボード一体型で、MSXカートリッジを4スロットに装備しています。
    MSX以外にも、ZX Spectrum、Amstrad CPC、コモドール64、コレコビジョンにも対応しており、将来的にさらに拡張していきます。

    MSXVR :: Video Promo Preorder
    https://www.youtube.com/watch?v=LKKX6roL3Nk

    MSXVR Computer動画チャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCeSLSJ9KfbI6oR2hoq_NXCw

    HDMI出力で、MSX対応のゲームカートリッジを大画面テレビでプレイすることができます。
    各種プログラミングツールを内蔵しており、MSX BASIC等でプログラミングの基礎を学ぶことができます。
    単なるUSBキーボードとしても使用することができます。

    ボディカラーはレッド/ブラックの2色からお選びいただけます。
  • 消しゴムサイズの携帯電話「Zanco tiny t2」
    消しゴムサイズの携帯電話「Zanco tiny t2」
    17,800円-20,800円
    ついに出荷開始!消しゴムサイズの携帯電話「Zanco tiny t2」一般販売

    2020年1月にアメリカのクラウドファンディングサービスKickstarterで6万ドルを集め、製品化が決定した消しゴムほどの大きさで通話可能な世界最小のZini Mobiles社製携帯電話「Zanco tiny t2」はこの程、出荷を開始いたしました。
    海外ガジェットネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、「Zanco tiny t2」の一般販売分の新規予約受付を開始いたします。

    Zanco tiny t2, The World's Smallest Phone
    https://www.kickstarter.com/projects/642875321/zanco-tiny-t2-the-worlds-smallest-phone

    Zanco tiny t2, The World's Smallest Phone
    https://www.youtube.com/watch?v=JjnfNTRKtlM

    前作「Zanco tiny t1」も大きな話題となりましたが、GSM(2G)対応で、残念ながら日本では使うことができませんでした。
    今回、3G対応で正式に日本でも使えるようになりました。

    本体重量は僅か31gです。本体サイズは高さ61mm、幅30mm、厚み16.5mmで1インチディスプレイと物理キーを備えています。
    もちろん通話用のマイクとスピーカーがあり、モバイル通信用のNanoSIMスロットが設けられ、3G通信が可能です。
    バッテリー容量は500mAhで待機7日間、連続通話時間4時間です。充電はMicroUSBで行います。
    メモリは128MB、ストレージは64MBです。MicroSDカードスロットがあり、最大32GBまで対応です。
    こんなに小さくても30万画素のカメラを内蔵、写真、動画撮影が可能です。
    3.5ミリイヤフォン端子を装備し、オーディオプレーヤーとしても機能します。
    レトロゲームのSnake、Crossy Road、Doodle Jumpを含むRacing Attack、Football Trophy、Cosmicゲームアプリを内蔵しています。
  • Surface Duo
    Surface Duo
    173,800円-237,800円
    米マイクロソフト社製折りたたみAndroidスマホ「Surface Duo」の輸入販売

    海外輸入品ネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、米マイクロソフト社製折りたたみAndroidスマホ「Surface Duo」の輸入販売を開始すると発表いたしました。

    米マイクロソフト社は2021年の初めに、米国のみで発売している2画面式折りたたみAndroidスマホ「Surface Duo」の販売市場を米国外に広げると発表しましたが、拡大対象国となったのはカナダ、フランス、イギリス、ドイツの4か国のみで日本は残念ながら含まれておりません。よって、米国より輸入販売いたします。
    日本語に対応しており、日本語表示と入力が可能です。
    なお、日本で適法に利用可能な技適マークを取得しております。
  • 3.49インチスマホ「SOYES S10H」
    3.49インチスマホ「SOYES S10H」
    13,800円-21,800円
  • ゲーミングUMPC「OneGX1 Pro」
    ゲーミングUMPC「OneGX1 Pro」
    4,000円-150,000円
    One Netbook社製ゲーミングUMPC「OneGX1 Pro中国限定ガンダムコラボモデル」を輸入販売

    One Netbook社製ゲーミングUMPC「OneGX1 Pro」の国内予約受付を開始すると発表いたしました。
    中国メーカーの一つとして知られるVOYO社 http://en.myvoyo.com/の系列企業であるOne Netbook社がゲーミングUMPC「OneGX1 Pro」を発売します。

    既存のOneGx1の上位モデルで、ゲーミング性能を強力な最新技術により飛躍的に向上させた最新の最強上位モデルです。

    CPUにインテル第11世代Tiger Lake Core i7-1160G7、メモリに16GB LPDDR4/4X-4266、ストレージに512GB PCIe SSD、グラフィックスにインテル Iris 96EU Graphicsを採用し、そのグラフィックパワーは第10世代の2倍以上、これまで据え置き機でしか遊べなかった『ファイナルファンタジー14』や『モンスターハンターオンライン』などのAAAタイトルをポータブル環境で快適に楽しむことができます。

    着脱可能な専用ゲーミングコントローラー(別売オプション)は日本アルプス社製ジョイスティックを備えております。

    今回、通常版に加え、中国限定のガンダムコラボモデルを限定1台のみ販売いたします。
  • DevTerm
    DevTerm
    27,800円-48,800円
    ラズパイ3対応キーボード一体型ハンドヘルドコンピュータ「DevTerm」予約受付を開始

    世界の珍品・キワモノばかり取り扱うネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、Clockwork Tech社製キーボード一体型ハンドヘルドコンピュータ「DevTerm」の予約受付を開始すると発表いたしました。

    キーボード一体型「DevTerm」は、6.8インチ液晶ディスプレイを搭載し、ラズペリーパイ3に対応、サーマルプリンタも搭載した組み立て式ハンドヘルドコンピュータです。

    メインボード、超小型のclockworkPi v3.14のご紹介

    ClockworkPi v3.14は、95x77mmという超小型サイズに最大12個のインターフェースを統合し、仕事やエンターテイメントに十分な接続性を確保しています。CPUとメモリのアップグレードが容易なモジュール設計を採用したclockworkPi v3.14は、様々なアプリケーション・シナリオに適した 「コア」を自由に選択することができます。

    clockworkPi v3.14はRaspberry Pi CM3シリーズと互換性があり、Raspberry Pi上での作業を数秒で携帯端末に 「テレポート」することができます。

    オープンソースハードウェア、オープンソース思想により、デバイスドライバ、独自コアモジュール含めモジュール類の回路図と設計資料について、GPL v3ライセンスのもとGitHub(https://github.com/clockworkpi)に公開予定です。
  • ZX Spectrum Next第2世代
    ZX Spectrum Next第2世代
    50,800円-66,800円
    往年の8ビットゲームPC名機復刻「ZX Spectrum Next第2世代」の予約受付を開始いたしました。

    「ZX Spectrum Next第2世代」は、クラウドファンディングKickStarterにおいて、25万ポンドの目標に対し、現在130万ポンド(約1億8000万円)の資金を集め、製品化が既に決定しております。

    ZX Spectrum Next - Issue 2 by Henrique Olifiers — Kickstarter
    https://www.kickstarter.com/projects/spectrumnext/zx-spectrum-next-issue-2

    ZX Spectrumは1982年にイギリスのシンクレア・リサーチ(Sinclair Research)社によって発売されたホーム・コンピューターで、オリジナルのシリーズだけで世界累計500万台以上を売り上げ、爆発的大ヒットを記録しました。
    ZX Spectrumこそ、イギリスのIT業界の礎を築いた名機であり、「イギリス産業への貢献」を称えられた創業者のクライブ・シンクレアはナイト位の叙勲を授けられました。
    詳しくはウィキペディアを参照下さい。

    ZX Spectrum
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ZX_Spectrum

    その思想と機能を受け継いだ現代版ZX Spectrumが、「ZX Spectrum Next第2世代」です。本体とキーボード一体型コンピューターです。
    第1世代は2017年にクラウドファンディングKickStarterにおいて製品化され、今回、機能改良版を第2世代としてリリースです。
    若い方には、もはや死語だらけで、何を言っているのかイメージわかないと思いますが、カセットテープにデータレコーダー(ラジカセでも代用可)でプログラムを保存読み込み可能です。

    「ZX Spectrum Next第2世代」の技術と仕様

    エミュレーションではなく、FPGA技術を用いて、ハードウェアそのものを100%再現しています。
    オリジナルZX Spectrum 48/128/+2/+3の全シリーズはもちろん、ロシア製のペンタゴンをはじめとするクローン機とも互換性があり、非常に高い互換性を維持しています。筐体デザインもシンクレアのロゴを刻印し、ZX Spectrumを正しく継承しています。

    プロセッサーはZ80。最大2MBに拡張可能な1MBメモリ。ビデオ出力は標準/高解像度モード/RGB/VGA/HDMI出力。拡張端子は2基のジョイスティック・ポート、マウスやキーボードを接続できるPS/2ポート、SDカード・スロット、オリジナルZX Spectrum互換の外部バス拡張ポート/アクセラレーター拡張ポートを搭載。カセットテープを使ったプログラムの読み込み/保存に対応したマイク入力/イヤホン出力、無線LAN対応。OSは「NextZXOS」を搭載。「NextBasic」でBASICプログラミング可能。

    2モデルあります。標準版の「PLUS」と、増強版のRaspberry Piベースの拡張ボードが装着された「Accelerated」。
  • NexDock Touch日本語キーボード版
    NexDock Touch日本語キーボード版
    45,800円-54,800円
    スマホを接続するだけで14インチタッチパネル&フルキーボードが使えるようになる「NexDock Touch日本語キーボード版」
    スマートフォンは娯楽に仕事にと1台でいろんな役割を果たしてくれますが、「もう少し大きな画面でこのゲームを楽しみたい」や「キーボードがあればもっと高速に文字入力ができるのに」と思う人もいるはず。そんなときに役立ってくれる、接続するだけで14インチフルHD液晶とフルキーボードが使えるようになるハードウェアが「NexDock Touch」です。
    「NexDock Touch」は、前々作「NexDock」前作「NexDock 2」もあり、今回で第三世代です。「NexDock」は、2016年にクラウドファンディングプラットフォームのIndiegogoで出資を募り、約4,000万円を集めて製品化されました。「NexDock 2」は、2019年にクラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで出資を募り、5,300万円を集めて製品化されました。
    「NexDock Touch」は、CPUもメモリーもOSも搭載していない「バッテリー内蔵のフルキーボード付きディスプレイ」。使い方は非常に簡単で、スマートフォンをUSBケーブルで接続するだけ。
    スマートフォンの画面を14インチに拡張した上でキーボードが使え、タッチパネルディスプレイ対応になりましたので、仕事用途での活躍が期待できます。
    もちろん、娯楽目的でも活躍します。ゲームや動画再生にフルHD液晶が役立ちます。
    Android OSの機器やRaspberry Pi、ゲームコンソールにも接続することができます。スマホのゲームをノートPCの操作でプレイできます。
    NexDock Touch対応のデスクトップモード対応スマホについて
    Androidのデスクトップモードでは、あなたのスマホがセカンダリスクリーンに接続されるとアプリのサイズが変更可能になり、ユーザーインターフェースはWindowsのような形式で表示されます。Samsung、Huaweiのフラッグシップスマートフォンで既に実装されています。
    Samsung DeXスマホ
    Samsungの主力スマホは、Samsung DeX機能を介して「デスクトップモード」を提供しており、NexDock Touchは、SamsungスマートフォンをノートPCに変身させるためにDeX機能をアクティブにします。
    Huawei スマートフォン/ EMUI機能
    Huaweiの主力スマートフォンはEMUI Easy Projection機能を使用して「デスクトップモード」を実行。NexDock TouchはHuawei製スマホをノートPCに変身させるためにEasy Projection機能を有効にすることも可能です。
  • アストロスライド日本語キーボード版
    アストロスライド日本語キーボード版
    66,800円-80,800円
    英プラネットコンピュータズ社製PDA「アストロスライド日本語キーボード版」の日本国内における予約受付です。
    クラウドファンディングサイト米Indiegogoで日本時間2020年3月30日にスタートしたキャンペーンは目標金額の18万ユーロをわずか数時間で突破し、製品化が決定され、現在46万ユーロを集め、今なお増額中です。
    Astro Slide 5G Transformer
    The most powerful 5G Smartphone and Pocket Computer hybrid
    https://www.indiegogo.com/projects/astro-slide-5g-transformer/x/14840122#/
    往年のあの名機PDA「Psion」(サイオン)を手がけたデザイナーのMartin Riddiford氏がデザインした「Gemini PDA」「Cosmo Communicator」を世に送り出した英プラネットコンピュータズ社の新製品です。
    今回もMartin Riddiford氏がデザインした「アストロスライド日本語キーボード版」は、キーボード付小型Androidノートパソコンであり、PDAです。メインディスプレイとして6.53インチディスプレイを搭載。バックライト付きの物理キーボードを装備します。キーボードレイアウトは日本語かなキーボードを含む21種類が用意されています。
    私たちプラネットコンピュータ社は「アストロスライド(Astro Slide)」と名付けられた新しいフラッグシップスマートフォンを発表しました。
    アストロスライドは、世界最速の5Gのキーボードスマートフォン。ワンタッチで、強力なポケットコンピュータにスマートフォンを変身させるそれは驚くような新しいRockUpスライダヒンジを備えた最新で画期的なデバイスです。 6.53インチのタッチスクリーン、スライド収納する完全に物理的なバックライト付きキーボード。使用しないときは、キーボードは、片手で簡単に収納されます。
    アストロスライドは現在クラウドファンディングサイト米Indiegogoにてキャンペーンを展開中です。
    アストロスライドは、MediaTek社製Dimensity 1000のチップセット、Android 10を搭載して出荷されます。将来的にはLinuxなどの他のOS用のマルチブート機能を提供します。
    アストロのより多くのエキサイティングな機能は次のとおりです。
    ・デュアル5G
    ・Wi-Fi 6
    ・最小6GBのメモリと128GBのストレージ
    ・4800万画素の背面カメラ
    ・500万画素の前面カメラ
    ・指紋センサー
    ・タッチペイ支払に使えるNFC
    ・NanoSIM×2、eSIM×1のSIMカードスロット
    ・ワイヤレス充電
    ・MicroSDカードでストレージ拡張可能
    アストロスライドは、これまでのユーザーコミュニティからのフィードバックに基づいて設計されています。今後もご希望をWeb、ソーシャルメディアでハッシュタグ#GoGoAstroを使ってお寄せ下さい。
  • Red Magic 5G(紅魔5G)グローバル版
    Red Magic 5G(紅魔5G)グローバル版
    78,800円-120,800円
    中国ZTEの関連会社であるNubia社製ゲーミングスマートフォン「Red Magic 5G(紅魔5G」の取扱を開始いたします。
    2019年9月に発表した第四世代のRed Magic 3Sの、バージョンアップモデルで、SoCがSnapdragon 855 PlusからSnapdragon 865に強化され、5Gに対応したた地上最強パワーのゲーミングスマホです。
    144Hz駆動表示、240Hzタッチ感度のディスプレイ搭載です。
  • 5G対応折りたたみスマホ「HUAWEI Mate Xsグローバル版」
    5G対応折りたたみスマホ「HUAWEI Mate Xsグローバル版」
    778,000円-978,000円
    ファーウェイ社製折りたたみスマホ「HUAWEI Mate Xsグローバル版」の予約受付です。
    出荷開始予定は、6~8月です。
  • 折りたたみスマホ「Galaxy Z Flipグローバル版」
    折りたたみスマホ「Galaxy Z Flipグローバル版」
    208,000円-238,000円
    世界の珍品・キワモノばかり取り扱うネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、韓国サムスン社製折りたたみスマホ「Galaxy Z Flipグローバル版」の輸入販売を開始すると発表いたしました。
    日本国内におきましてはKDDI様よりau限定にて、2月28日から正規販売されますが、より対応バンドの広いグローバル版を求める声があり、取り扱いを開始いたします。
  • F(x)Tec Pro1
    F(x)Tec Pro1
    98,890円-122,800円
    英FX Technology社社製スライドキーボード搭載スマホ「F(x)Tec Pro1」の国内販売です。
    英FX Technology社製スライドキーボード搭載スマホ「F(x)Tec Pro1」は、IFA2019開催前日にスタートアップ企業を集めて開催されたイベント「ShowStoppers」で実機がお披露目されました。
    もともと、英FX Technology社は、スペイン・バルセロナで開催されたモバイル通信見本市「MWC Barcelona 2019」で、「F(x)Tec Pro1」を発表して、開発を進めていました。
    英FX Technology社は、2017年にクラウドファンディングを実施したMoto Z向けの拡張ユニット「Keyboard Mod」を開発していたLivermorium社を前身とするモトローラ・グループのスタートアップ企業です。Keyboard Mod自体は2018年にごく少数を出荷したのちにプロジェクト終了となりましたが、そのリソースを活かし、スライドキーボードを備えた新端末の開発を予告していた経緯があります。
    「F(x)Tec Pro1」は、スライド式QWERTYキーボードを搭載したスマートフォンです。
    いよいよこの新端末の完成に向けて一般販売の予約受付を開始いたします。

  • 麻薬王パブロの折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 2」
    麻薬王パブロの折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 2」
    46,800円-65,800円
    麻薬王パブロの折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 2」国内販売
    世界の珍品・キワモノばかり取り扱うネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、ESCOBAR社(コロンビア)製折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 2」の国内販売を開始すると発表いたしました。
    世界に衝撃を与えたESCOBAR FOLDシリーズに早くも新ラインナップの登場です。
    この折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 2」は、コロンビアの有名な麻薬王パブロ・エスコバルの兄弟、ロベルト・エスコバル氏によるアイデアで実現したESCOBAR FOLDシリーズの新しいラインナップです。
    Android 10、QualcommのCPU/GPU、Snapdragon 8シリーズ搭載の折りたたみスマートフォンで、7.3インチの有機ELスクリーンが×2、1,200万画素と1,000万画素のカメラ、加えて指紋スキャナも搭載されています。
    SIMロックフリーで全世界すべてのLTEネットワークで動作します。
    ストレージにより2機種あり、128GBモデル、512GBモデルです。
    プロモーションでは、またもや高いヒールとゴージャスなランジェリーを身に着けた女性たちが登場します。
    Escobar Fold 2 - Escobar Girls show the new $399 foldable phone
    https://www.youtube.com/watch?v=VFjtKTct4Lo
    www.RIPSAMSUNG.com - Rest In Peace Samsung - Say Hello to Escobar Fold 2
    https://www.youtube.com/watch?v=RBoiWQ2_8eU
    Escobar Fold 2 - Official Unboxing Video
    https://www.youtube.com/watch?v=ltdMzCiI6TU
    Escobar Fold 2 - Take a closer look at the $399 foldable phone
    https://www.youtube.com/watch?v=4ch9-YL0GAA
    たぶん、いろいろあると思いますが、それも含めて楽しみましょう。
    きたれ!お祭り騒ぎ
  • 麻薬王パブロの折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 1」
    麻薬王パブロの折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 1」
    39,800円-69,800円
    チャレンジャー来たれ!

    最新情報
    2020/02/01 ツィッター・ブログで麻薬王パブロ・エスコバル自伝とESCOBAR FOLD 2への無償アップグレードクーポンが届いたと報告が上がり始める。「ESCOBAR FOLD 1」は数週間後に届くとの情報も。

    この折りたたみスマホ「ESCOBAR FOLD 1」は、コロンビアの有名な麻薬王パブロ・エスコバルの兄弟、ロベルト・エスコバル氏によるアイデアで実現いたしました。
    Android 9.0、QualcommのCPU/GPU、Snapdragon 8シリーズ搭載の折りたたみスマートフォンで、7.8インチの有機ELスクリーンが×2、1600万画素と2000万画素のカメラ、加えて指紋スキャナも搭載されています。
    SIMロックフリーで米国および全世界すべてのネットワークで動作します。
    ストレージにより2機種あり、128GBモデル、512GBモデルです。
    販促動画では、高いヒールとゴージャスなランジェリーを身に着けたエッチなお姉さんたちが登場します。
    Escobar Fold 1 - Escobar Girls show the $349 foldable phone
    https://www.youtube.com/watch?v=i84u77kFpkQ
    こちらもエッチなお姉さんが。。。(以下自粛)
    Escobar Fold 1 - Instructional video
    https://www.youtube.com/watch?v=-jrFhd2Ia2g
    たぶん、いろいろあると思いますが、それも含めて楽しみましょう。
  • UMPC「Peakago」
    UMPC「Peakago」
    32,800円-75,800円
    Peakago Computer社(香港)製ウルトラモバイルPC「Peakago Pro」の予約受付を開始すると発表いたしました。
    盛り上がるウルトラモバイルパソコン市場に新規参入です。
    高機能化、高価格化が進んでいるウルトラモバイルパソコン市場に破壊的イノベーションを起こすべく、低価格のUMPCの投入です。
    7インチのタッチディスプレイ、メモリ8GB、ストレージ128GB、CPUにIntel Cherry 8350/Intel N4200、30万画素フロントカメラを搭載した安価なエントリーモデルのウルトラモバイルPC「Peakago Pro」です。
    アメリカのクラウドファンディングサービスIndiegogoにて、目標額8万香港ドルを突破し、製品化が決定しました。現在、2465%、197万香港ドルを突破しています。


  • 折りたたみスマホ「MOTOROLA razr 2019」
    折りたたみスマホ「MOTOROLA razr 2019」
    268,000円-298,000円
    モトローラ社製折りたたみスマホ「MOTOROLA razr 2019」を輸入販売
    予約受付が再開される話題のモトローラ社製折りたたみスマホ「MOTOROLA razr 2019」ですが、残念ながら日本は販売対象地域から外れましたので、輸入販売をいたします。
    当然ながら、当店独自の非公認による並行輸入販売であり、モトローラ社は一切関知しておりません。グローバル版をイギリス、EUから輸入します。

  • 「SOYES S10グローバル版」
    「SOYES S10グローバル版」
    15,800円-18,800円
    世界の珍品・キワモノばかり取り扱うネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、Shenzhen Soyes Science & Technology社(中華人民共和国深セン)製ミニスマホの最新版「SOYES S10」の国内販売を開始すると本日発表いたしました。
    最新のカードサイズスマホ「SOYES S10グローバル版」は、SOYES S10の中国国外版・国際版で、3.0インチディスプレイを搭載し、日本語対応、GoogleプレイストアなどGMS(Google Mobile Service)搭載、Facebook、Twitter対応です。本体サイズは、高さ97.8×幅51.6×奥行15.7mmで、防塵防水性能はIP68のタフネススマホです。
    カラーバリエーションは3色で、ブラック/レッド/イエローです。
    ヴェルテは、Shenzhen Soyes Science & Technology社の日本国内における正規代理店です。
  • タフネス4インチSIMフリースマホ「Cubot KingKong MINI」
    タフネス4インチSIMフリースマホ「Cubot KingKong MINI」
    15,800円-19,800円
    そろそろ4インチ。ドコモのプラチナバンド(LTE Band19)対応で、しかも防塵防水性能IP68のタフネススマホ。
    タフネス4インチスマホ「Cubot KingKong MINI」
  • 8.9インチUMPC「MAG1 LTE」
    8.9インチUMPC「MAG1 LTE」
    77,800円-173,600円
    Magic-Ben社製8.9インチUMPC「MAG1」「MAG1 LTE」の予約受付です。
    8.9インチUMPC「MAG1 LTE」は、中国のEコマース大手「JD.com(京東商城)」で、2019年9月25日12時より予約受付を開始し、既に予約台数は5,000台を突破した8.9インチUMPC「MAG1」のLTE版です。
    8.9インチUMPC「MAG1」は、中国のEコマース大手「JD.com(京東商城)」で、2019年9月25日12時より予約受付を開始し、既に予約台数は5,000台を突破いたしました。
    ディスプレイは8.9インチのIPS液晶で解像度は2,560×1,600で、アスペクト比は16:10となっています。
    CPUはIntel Core M3-8100Yです。メモリとストレージの組み合わせは8GB/256GBと16GB/512GBの2種類です。
  • 3.5インチスマホ「Melrose 2019end」
    3.5インチスマホ「Melrose 2019end」
    12,800円-15,800円
  • Mirabook
    Mirabook
    1,800円-46,800円
    「Mirabook」はMWC2017で発表され、米クラウドファンディングサービスINDIEGOGOで目標額の5万ドルを突破し製品化が決定されました。
    近年のスマホは高性能であり、ノートパソコンと遜色ありません。そのスマホの機能をキーボード作業が必要となる場合に活用しようとするのが「Mirabook」です。
    これまでは、別途ノートPCを買うと、データを同期させたり、テザリングや無線LANでネット環境を準備する手間が面倒でした。そんな面倒を解決するのが「Mirabook」です。
    「Mirabook」は手持ちのスマホやデバイスとUSBで同期し、あたかも手持ちのスマホがそのまま13.3インチのノートパソコンになったかのような動作をします。
    「Mirabook」自身にはOSやCPUは搭載されず、無線LANやBluetoothも搭載されておらず、スマホ環境を使うため、スペックの陳腐化や技適がついているかどうか心配する必要がありません。
    「Mirabook」は珍しくスティック型PC、Raspberry Piに対応しており、研究開発にも役に立ちます。
    「Mirabook」はMicrosoft Continuum、Samsung Dexをはじめとする各種デスクトップモードに対応しております。
  • フィリップス社純正フィーチャーフォン「Philips E518」
    フィリップス社純正フィーチャーフォン「Philips E518」
    11,900円-14,900円
    フィリップス社純正フィーチャーフォン「Philips E518」の予約販売です。
    「Philips E518」は、オランダを本拠地とするフィリップス社による完全純正のXeniumブランドの公式フィーチャーフォンで、日本未発売モデルです。
    メモリに512MB、ストレージに4GB、2.8TFT液晶ディスプレイ、200万画素カメラを搭載。
    言語は英語と中国語しか対応しておりません。
    当然ながら、当店独自の非公認による並行輸入販売であり、フィリップス社は一切関知しておりません。
  • Pixelbook Go
    Pixelbook Go
    112,900円-256,900円
    米Google社製公式Chromebook「Pixelbook Go」です。
    近年、欧米では発売され、市場が急拡大されながらも、日本が販売対象地域から外される事態が続いております。ヴェルテは、Pixelbookシリーズを日本でもご入手いただけるように、あらゆる手段を講じて国内販売してまいりました。おかげ様で多くのお客様にご利用いただいており、引き続き取り扱います。
    米Google社製公式Chromebook「Pixelbook Go」は、米Google社による完全純正の公式Chromebookで、米Google社は10月15日 (現地時間)、米ニューヨークで製品発表イベント「Made by Google」を開催し、発表されましたが、残念ながら日本は販売対象地域ではなく、入手するには海外から輸入するしかありませんので直輸入することを決定したものです。
    Chromebookは学生やノマドワーカーに多く使われており、教室やカフェでの使用を想定し、静音設計でウルトラ静音ハッシュキーを採用。移動時に持ちやすく底面を波状に加工、角をラウンドさせ、丈夫なように筐体素材にマグネシウムを採用しております。
    当然ながら、今回の販売も当店独自の非公認による並行輸入販売であり、米Google社は一切関知しておりません。なお、並行輸入は完全に合法なものであり、非合法なものではありません。
  • 3.46インチ超小型スマホ「K-Touch M17」
    3.46インチ超小型スマホ「K-Touch M17」
    14,800円-20,800円
    Anicaテクノロジー社製3.46インチ超小型スマホ「K-Touch M17」です。
    3.46インチ超小型スマホ「K-Touch M17は、筐体が個性的なレザー調デザインで、LTE/4Gに対応した超小型なスマートフォンです。本体サイズ113×46×10.6mmに、3.46インチディスプレイ、800万/500万画素のカメラ、顔認証を搭載しております。
    OSはAndroid 8.1(Oreo)で、Googleプレイストアを搭載しています。
    カラバリはブラック/ホワイト/ブルー/カーキ/レッドの5色です。
  • 5.5インチ最安LTE/4Gスマホ「XGODY K20日本語版」
    5.5インチ最安LTE/4Gスマホ「XGODY K20日本語版」
    7,800円-9,800円
    XGODY社製5.5インチLTE/4Gスマホ「XGODY K20日本語版」の輸入販売です。
    「XGODY K20日本語版」は、5.5インチ最安値にも関わらず、LTE/4Gに対応したAndroidスマートフォンです。
    通信方式は、LTE/4Gは、B1/B3/B5/B7/B8/B20/B40、3GはWCDMA 850/900/2100MHzと豊富に対応しています。
    Android 9.0、5.5インチIPS液晶ディスプレイ、500万/500万画素のカメラ、GoogleプレイストアをはじめとするGoogle関連アプリを搭載しており、日本語アプリを自由にサクサク入れられます。
    カラバリはブラック/ホワイト/ゴールド/ブラックブルー/ブルーグリーン/ブルーイエローの6色で、おしゃれです。
    液晶保護フィルム、専用透明ケースも付属しております。
  • 超小型3インチスマホ「ULCOOL U2」日本語版
    超小型3インチスマホ「ULCOOL U2」日本語版
    10,800円-12,800円
    ULCOOL社製超小型3インチスマホ「ULCOOL U2」日本語版の国内販売です。
    RAKUTEN Miniのおかげで新たなブームの3インチスマホに新型の登場です。
    LTE4G通信に対応し、3.15インチディスプレイ、Android8.1 GOを搭載。
    Googleプレイストア搭載で欲しいアプリがサクサク入れられます。
    本体サイズは、高さ104×幅49×奥行8mmです。
    カラーバリエーションは3色で、ブラック/ホワイト/ブラウンです。
    3.5ミリイヤフォン端子、今どき珍しいストラップホールがあります。
  • 3.5インチスマホ「K-Touch i10S強化版」
    3.5インチスマホ「K-Touch i10S強化版」
    12,800円-19,800円
    中国の深センAnicaテクノロジー社製Androidスマートフォンの最新機種「K-Touch i10S強化版」の予約販売です。
    楽天モバイルが3.6インチの独自スマホ「Rakuten Mini」を発表するなど 3インチ台のミニスマートフォンが話題となっています。「K-Touch i10S強化版」は、高さ101.8×幅44.9×奥行9.5mmの小さな筐体に、3.5インチタッチパネル曲面液晶、Googleプレイストア、YouTubeなどGoogle関連サービスを搭載したスマートフォンです。
    言語は日本語含むマルチ言語対応。本体カラーはダズル/ブラック/グリーン/ゴールドの4色です。
    「K-Touch i10S強化版」は、既存モデル「K-Touch i10S」のメモリ2Gを3Gに、ストレージを16GBを32GB/64GBに強化したバージョンです。

(カテゴリー内 : 81点)

カートの中身

カートに商品は入っていません