ゲーム

  • ARボードゲーム「Tilt Five」
    ARボードゲーム「Tilt Five」
    34,800円-38,800円
    ついにARとボードゲームの融合です。
    アメリカ合衆国カリフォリニア州サンタクララのスタートアップTilt Five社は、ARとボードゲームを融合させたARボードゲームプラットフォーム「Tilt Five」を開発し、クラウドファンディングサービスKickstarterにて日本時間2019年9月24日からキャンペーンをスタートさせました。
    ARボードゲームプラットフォーム「Tilt Five」は、専用のゲーム盤とARデバイス、そしてワンドと呼ばれる専用コントローラを使ってプレイします。
    Tilt Five: Holographic Tabletop Gaming
    https://www.kickstarter.com/projects/tiltfive/holographic-tabletop-gaming
    2019年9月25日現在、目標額45万ドルを突破し、製品化が決定いたしました。
  • Atariジョイスティック
    Atariジョイスティック
    6,800円
    英国BLAZE社製家庭用ゲーム機「Atariジョイスティック」です。
    「Atariジョイスティック」は、かの往年の家庭用ゲーム機の名機であるAtari2600コントローラのデザインを踏襲し、家庭用ゲーム機として蘇りました。パソコンにUSB接続して使用します。
    往年の名作100本のゲームが付属した公式ライセンス品です。
    開発製造元である英国BLAZE社は、アタリやセガのクラシカルなゲーム機器を公式ライセンスに基づき製造販売しています。
  • Atariポータブル
    Atariポータブル
    6,800円
    携帯ゲーム機「Atariポータブル」です。
    「Atariポータブル」は、かの往年の家庭用ゲーム機の名機であるAtari2600のデザインを踏襲し、携帯ゲーム機として蘇りました。
    往年の名作50種類のゲームを内蔵した公式ライセンス品です。
    開発製造元である英国BLAZE社は、アタリやセガのクラシカルなゲーム機器を公式ライセンスに基づき製造販売しています。
  • Black Shark 3 Proグローバル版
    Black Shark 3 Proグローバル版
    4,800円-99,800円

    5G対応ゲーミングスマホ「Black Shark 3 Proグローバル版」予約販売

    Black Shark Technologies社製ゲーミングスマホ「Black Shark 3 Proグローバル版」の予約販売を開始いたします。

    Black Sharkシリーズは中国大手スマートフォンメーカーXiaomi社が出資するBlack Shark Technologiesがリリースするゲーミングスマートフォンで、「Black Shark 3 Proグローバル版」は2020年3月3日に発表された最新2機種のうちの上位機種の日本語にも対応したグローバル版です。

    今回、テンセントと提携し、「Tencent Games」のゲーミングブランド名でプロモーション展開を行っています。

    Xiaomi Black Shark 3 Pro Gaming Phone -- official video
    https://www.youtube.com/watch?&v=dXRlDJy2WpY

    ゲーミングスマホ「Black Shark 3 Proグローバル版」は5Gに対応し、チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platformを搭載しています。

    7.1インチ有機ELを搭載しており、270Hzタッチサンプリングレート、90Hzリフレッシュレート、ディスプレイ指紋認証対応です。
    カメラはリアにメインの6,400万画素CMOSイメージセンサ、広角レンズの1,300万画素CMOSイメージセンサ、深度測定用の500万画素CMOSイメージセンサからなるトリプルカメラ、フロントに2,000万画素CMOSイメージセンサを備えます。
    SIMカードはサイズはNano SIM、デュアルSIMです。
    Bluetooth 5.0やWiFi6つまり無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)に対応しています。
    システムメモリの容量は8GBまたは12GBで、内蔵ストレージの容量は256GBです。
    2,500mAhの電池パックを2個内蔵し、合計容量は5,000mAhです。
    充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-C、ディスプレイ指紋認証に対応している。
    本体左右にLR物理ボタンを搭載です。
    カラーバリエーションはブラックとグレイの2色から選べます。

  • Nubia Play 5G日本語版
    Nubia Play 5G日本語版
    36,800円-56,800円
    中国ZTEの関連会社であるNubia社製ゲーミングスマートフォン「Nubia Play 5G」の取扱を開始いたします。
    Red Magic 5Gの廉価版で、SoCがゲーミング性能が強化されたSnapdragon 765G、5Gに対応したミッドレンジスペックのゲーミングスマホです。
    144Hz駆動表示、240Hzタッチ感度の6.65インチディスプレイ搭載です。
  • ODROID-GO Advance改
    ODROID-GO Advance改
    8,800円-10,800円
    オープンハードでDIYな携帯ゲーム機「ODROID-GO Advance改」国内販売
    韓国Hardkernel社製携帯ゲーム機「ODROID-GO Advance改」の国内販売を開始すると発表いたしました。
    ODROID(オドロイド)シリーズとは、韓国Hardkernel社が開発している、ARMプロセッサを搭載した携帯型ゲーム機、タブレット、シングルボードコンピュータのオープンソースを志向した製品群です。
    今回の「ODROID-GO Advance改」は、韓国Hardkernel社が創業10周年を記念して発売した「ODROID-GO」の新ラインナップの改良版です。
    ODROID-GO Advance Game Test
    https://www.youtube.com/watch?v=okVJe6ywc4c
    「ODROID-GO Advance改」は、組み立て型で、横長の携帯型ゲーム機タイプです。3.5インチカラー液晶と、最大10時間持つバッテリーを搭載しており、カーソルキーやA/B/X/Y、L1L2/R1R2ボタンほかゲーム機として必要な入出力インターフェースが揃っています。強力なRockChip RK3326搭載で、16bit/32bitゲームエミュレーターをサポートしています。
    ・充電端子がUSB Type-Cに変更
    ・Wi-Fi追加
    ・L2/R2ボタンの追加
    ・ケースカラーが2色(ブラック/クリアフワイト)から選択可

    ODROIDシリーズは当社グループで韓国Hardkernel社創業当時から取り扱っており、慣れております。(だったら正規代理店契約したら?)
  • PGS Lab社製ポータブルPCゲームコンソール「PGS Hardcore」
    PGS Lab社製ポータブルPCゲームコンソール「PGS Hardcore」
    43,400円
    発表直後から超人気でクラウドファンディングサービス米キックスターターで40万ドルを集めながら、自らキャンセルし、世界で大注目の携帯ゲーム機プロジェクトです。

    携帯ゲーム機をこなよく愛し、「ソニーの時代は終わった」とPS Vitaの現状に愛想を尽かし、結集したのが彼らIT分野の専門家集団PGS Labチームです。

    彼らは携帯ゲーム業界の持つ問題を分析して考え抜き、PCゲームをそのまま外で遊べるようにすることこそが現状打破の最高解であるという結論にたどり着きました。

    そんな携帯ゲーム機の理想形を具現化する野望を結集して作られたのが「PGS」です。

    スマホゲームがライトゲームの代名詞となりつつある中、コアゲームに執着する米PGS Lab社は、米キックスターターで40万ドルを集めながら、「無茶だ」「困難だ」との指摘のアンチ大合唱に自らキャンセルし、ゴーイングマイウェイ!
    世界中がその完成を熱い視線で見守っています。

    世界の最先端製品を様々な流通ルートで入手を実現するキュレーションセールスを行うヴェルテでは、通常の銀行振込、PayPalに加え、大学、学校法人、研究機関、上場会社グループ様向けに後払いの購買手続きにてご利用いただけるよう、見積書、請求書、納品書、領収書の作成発行を行っております。また、独自の保証サービスにより、海外製品であっても安心して日本国内で利用することが可能です。
  • Red Magic 5G(紅魔5G)グローバル版
    Red Magic 5G(紅魔5G)グローバル版
    78,800円-120,800円
    中国ZTEの関連会社であるNubia社製ゲーミングスマートフォン「Red Magic 5G(紅魔5G」の取扱を開始いたします。
    2019年9月に発表した第四世代のRed Magic 3Sの、バージョンアップモデルで、SoCがSnapdragon 855 PlusからSnapdragon 865に強化され、5Gに対応したた地上最強パワーのゲーミングスマホです。
    144Hz駆動表示、240Hzタッチ感度のディスプレイ搭載です。
  • 「メガドライブ リミテッドエディション」(ブラジル版)
    「メガドライブ リミテッドエディション」(ブラジル版)
    12,800円-37,800円
    種別:海外輸入品
    流通ルート:キュレーション(海外直輸入)
    製品名:「メガドライブ リミテッドエディション」(ブラジル版)
    開発ライセンサー:株式会社セガゲームス http://sega.jp/
    製造ライセンシー:ブラジル・Tectoy社 http://www.tectoy.com.br/
    並行輸入:ヴェルテ(株式会社ドゥモア)
    予約受付開始:2016年11月2日~
    出荷開始予定:2017年6月→8月→7/21出荷開始いたしました。
    新規注文納期:1~4カ月前後(ブラジルから輸送だけで1カ月かかります)
    販売方法:直営店の完全予約制
    販売URL:http://welte.jp/
    支払い方法:注文時の銀行振込/クレジットカード(PayPal)
  • アタリミニ
    アタリミニ
    7,600円-9,600円
    ミニアーケードゲーム機アタリミニ「Atari Pong Mini Arcade」「Atari Mini Arcade」国内予約受付
    アタリミニは、かの往年のアーケードゲーム機の名機であるアタリをミニチュア版として蘇らせました。
    往年の名作5種類のゲームを内蔵した公式ライセンス品です。
    「Atari Pong Mini Arcade」は、当時と同じイエロー筐体で、当時を思い起こさせる円形のパドルコントローラが搭載されており、『Pong』を当時の感覚で楽しむことができます。さらに2人で対戦プレイが可能です。
    「Atari Mini Arcade」は、ブラック筺体で、取り外し可能なジョイスティックと十字キーを搭載されています。
    Atrariがアーケードで展開していたゲームのほかに、Atari 2600で発売していたゲームも収録されているのも特徴です。
    開発製造元である英国BLAZE社は、アタリやセガのクラシカルなゲーム機器を公式ライセンスに基づき製造販売しています。
  • エアドラムセット「PocketDrum」
    エアドラムセット「PocketDrum」
    7,800円-13,800円
    AeroBand社製のエアドラムセット「PocketDrum」の輸入販売です。
    クラウドファンディングプラットフォーム米Indiegogoにおいてキャンペーンを開始し、目標額15万ドルの2,000%を突破し、なお増額中です。
    PocketDrum: The Most Portable Drum Set Ever
    https://www.indiegogo.com/projects/pocketdrum-the-most-portable-drum-set-ever/x/14840122#/
    叩く面がなくても演奏できるエアドラムセット「PocketDrum(ポケットドラム)」のご紹介です。
    PocketDrum(ポケットドラム)は超ポータブルなドラムセット。Bluetooth機能搭載でAeroBandアプリに接続するとどこにいても生活にリズムを追加。
    リズムの基本を学んだり、自由にジャムしたり、アプリと一緒にプレイして楽しめ、フルドラムキットのような大変さもありません。
    クラッシュシンバル、クローズドハイハット、バスドラム、スネア、ハイトム(カウベルなどのシンバルも登場)にアクセス。
    セットアップも超簡単で、カメラやドラム面のセットアップも不要。
    反応性に優れ(遅延たったの1000分の6秒)で、各ヒットごとにスティックが振動。ドラムの跳ね返りとヒットの力に基づいて異なる振動をフィードバック。
    ヒットの力に基づいて異なるサウンドを生成し、ダイナミクスをより適切にコントロールできます。
    1回のフル充電で10時間連続演奏可能で、チュートリアル、フリーモード、ゲームモードなどPocketDrumアプリの3つのモードを搭載。
    いつでもどこでもスキルアップがはかれます。
    バイブレーション
    ドラムごとに振動が異なり、演奏の強さに応じて振動も変化。ハード/ソフトに演奏すると対応する振動で反応し、ドラムのダイナミクスに集中。
    AeroBand/GarageBandアプリとシームレスに同期
    3つのプレイモード
    ・チュートリアルモード:リズムをフォローしてドラムに慣れましょう。初心者に最適です。
    ・フリーモード:あなたオリジナルのリズムを作成し、あなたのドラムのビートに合わせて演奏。
    ・ゲームモード:ビートを追うスキルをテストしたり、対戦モードで友達にチャレンジ。オンラインでスコア共有も行えます。
    LEDのあるPocketDrum LEDと、LEDのないPocketDrumの2つのバージョンがあります。
  • ゲーミングSTB「NVIDIA Shield TV」日本語対応版
    ゲーミングSTB「NVIDIA Shield TV」日本語対応版
    9,800円-29,800円
    GeForce NOW対応ゲーミングSTB「NVIDIA Shield TV」日本語対応版です。
    ゲーミングSTB「NVIDIA Shield TV」日本語対応版は、初登場は2015年で、2017年、2019年リリースと、現在は第三世代です。
    他社製STBとの決定的な違いは、ゲームに特化されているという点です。もちろん「NVIDIA Shield TV」でもネットフリックスやアマゾンプライムビデオなどの視聴もできますが、それに加えてGeForce NOWなどのクラウドゲーミングサービスが利用でき、別売のゲームコントローラが利用できます。
    クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」は欧米では既に正式にローンチし、日本ではソフトバンクとの協業で日本版「GeForce NOW Powered by SoftBank」(β版)を提供しております。
    GeForce NOW Powered by SoftBank
    https://cloudgaming.mb.softbank.jp/
  • ゲーミングUMPC「DragonBox Pyra」
    ゲーミングUMPC「DragonBox Pyra」
    57,800円-67,800円
    OpenPandora社製Linux搭載ゲーミングUMPC「DragonBox Pyra」の予約受付を開始いたしました。
    DragonBox Pyraは、Linuxのオープンソースゲーム、フリーゲームをプレイすることを主目的に開発が続けられてきたオープンソースを志向するゲーミングUMPC(小型ノートパソコン)です。
    開発はユーザーコミュニティをベースにしています。
    元々は韓国製携帯ゲーム機GP2Xの流れで、2010年に出たLinux搭載ゲーミングUMPCであるPandoraの後継機種として開発がスタートし、この度、ようやく一部のユーザーに出荷が始まったものです。
    dragonbox pyra prototype number three, first boot
    https://www.youtube.com/watch?v=19-JD-bhZFY
    参考
    韓国製携帯ゲーム機「GP2X」
    https://www.youtube.com/watch?v=oTOBzw5C914
    ぼくがかんがえた ゆめのこんぴゅーた 「Pandora」
    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1101/18/news022.html
    すごく開発途中なLinux搭載ゲーミングUMPCがリリース
    https://daily-gadget.net/2020/01/02/post-10027/
  • ゲーミングスマホ「DOOGEE S70」
    ゲーミングスマホ「DOOGEE S70」
    49,800円
    FPS対応専用コントローラ付属のタフネスゲーミングスマホ「DOOGEE S70」国内販売です。
    中国深センDOOGEE Hengtong Technology社は8月16日に世界初となる防水・防塵・耐衝撃のゲーミングスマートフォン「DOOGEE S70」を発表しました。まもなく、米クラウドファンディングサービスIndiegogoでキャンペーンを開始する予定です。
    「DOOGEE S70」は、CPUにMediaTek社製Helio P23(MT6763T)を採用し、6GBのメモリにより、スムーズなゲームプレイを実現します。希少なFPS対応の専用コントローラが標準で付属しています。
    強固な防水・防塵・耐衝撃性能も大きな特長のひとつです。IP68に加え、ドイツ工業規格のIP69K、アメリカ国防総省制定MIL規格のMIL-STD-810Gをサポートしています。IP69Kは、高温、高圧、スチームジェット洗浄などでも悪影響を受けないことを保証しています。
    ゲーミングモードボタンを備え、通知オフや着信の自動拒否が行なえます。
    筐体はアルミニウム合金フレームを採用し、コーナー保護などが施されています。背面に金属シートによる冷却モジュールを内蔵し、クーリングブーストシステムを採用しています。ゲーミングモードボタンを押すと、CPUの温度を7度冷却させます。
    液晶ディスプレイは、2,160×1,080ドット表示対応の5.99型となっており、表面はCorning Gorilla Glass 4を採用し、グローブをしたままでも操作可能です。
    また、5,500mAhの大容量バッテリを搭載し、「Pokemon Go」や「Ingress」といった位置情報を使うゲームは9時間以上、「Fortnite」や「PUBG mobile」といった高度な3Dゲームは11時間以上、そのほかの軽いゲームは15時間以上連続プレイ可能です。
    Band19に対応しているので、日本のドコモ系で使用可能です。
    [ヴェルテについて]
    ヴェルテでは、日本未発売のクラウドファンディング商品、希少性の高い海外製デバイスを中心に日本総代理店・正規代理店・並行輸入等の様々な流通ルートで入手・販売するキュレーションセールスを行っています。
  • ゲーミングスマホ「Snail MOQI i7S日本語版」
    ゲーミングスマホ「Snail MOQI i7S日本語版」
    69,800円
    Snail Mobile社製ゲーミングスマートフォン「Snail MOQI i7S日本語版」です。
    中国蘇州に本拠地を構えるSuzhou Snail Digital Technology社は、MVNO事業とオンラインゲーム事業を行っており、Snail Mobile社はMVNO事業を主に担っており、ゲーミングスマートフォン販売も行っております。
    Snail Mobile社によって2018年8月3日に発表された「Snail MOQI i7S日本語版」は、Snail Mobile社における第10弾となる最新ゲーミングスマートフォンであり、ゲームコントローラとGoogleプレイを標準装備しながらも、LTEに対応し、最新のSnapdragon710を搭載した世界最強のゲーミングスマートフォンです。
    [ヴェルテについて]
    ヴェルテでは、日本未発売のクラウドファンディング商品、希少性の高い海外製デバイスを中心に日本総代理店・正規代理店・並行輸入等の様々な流通ルートで入手・販売するキュレーションセールスを行っています。
  • ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」
    ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」
    24,800円-29,800円
    米Analogue社製ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」の予約受け付けを開始いたしました。
    2019年10月16日、クラシックゲーム互換機メーカーの米Analogue社は任天堂のゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」を発表しました。これまでに、ファミコン互換機Nt Miniやスーパーファミコン互換機Super Nt、メガドライブ互換機Mega Sgなどを手がけて高い評価を得て実績のある互換機メーカーの新製品となります。
    いずれもオリジナルのゲームカートリッジやコントローラを利用してプレイできる互換機で、ソフトウェアエミュレーションではなく、「Altera Cyclone V」というFPGA半導体チップとHDL(ハードウェア記述言語)を用いて、ハードウェアそのものを100%再現しています。
    今回のゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」も、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスのカセットの100%の互換性を保証し、本体のみで2780本以上のタイトルに対応するとしています。有線マルチプレイも対応です。
    デジタルオーディオワークステーション「Nanoloop」を内蔵し、シンセサイザーとシーケンサーとしても動作します。
    また、別売オプションのアダプタ(価格未定。10~15ドル想定)により、ゲームギア、ネオジオポケットカラー、Atari Lynxのカートリッジなどにも対応可能としています。
    また、別売オプションの「Analogue Dock」(価格未定)は、HDMI出力に対応し、有線コントローラ用のUSB端子を2つ装備します。8BitDo社の Bluetoothコントローラによる無線接続にも対応しています。
    出荷開始は来年2020年のいずれかを予定しております。
    ご参考海外ニュース:https://www.polygon.com/2019/10/16/20913509/analogue-pocket-game-boy-color-advance-gba-cartridges
  • コモドール64ミニ「THEC64 Mini」
    コモドール64ミニ「THEC64 Mini」
    5,400円-15,800円
    Retro Games社製ホームコンピュータ「コモドール64ミニ」です。
    コモドール64(Commodore 64)は、米コモドール社が1982年1月に発表した8ビットホームコンピュータであり、1機種として2200万台を出荷、歴史上もっとも売れたホームコンピュータとしてギネスブックに載っています。
    創業者であるジャック・トラミエル(故人)は、有名な言葉を残しています。
    "We need to build computers for the masses, not the classes"
    「私たちは、一部の金持ち階級のためでなく、大多数の一般大衆のためのコンピュータを作らなければならない。」
    「コモドール64ミニ」はコモドール64のフルスペックを、1/2スケールの本体サイズで再現しました。専用ジョイスティックも1個同梱し、HDMIで720p出力、2つのUSBポートを備えています。ゲームタイトルは64本内蔵しています。
    汎用USBキーボードを接続することで、BASICプログラムが可能で、子ども向けのプログラム学習に活用可能です。
    最近ありがちに日本は販売地域対象外のため、日本未発売でしたが、今回輸入販売を開始いたします。
    世界の最先端製品を日本総代理店、正規代理店、並行輸入等、様々な流通ルートで入手を実現するキュレーションセールスを行っています。
  • スーファミ互換機「Analogue Super Nt」
    スーファミ互換機「Analogue Super Nt」
    4,900円-31,800円
    米Analogue社製スーパーファミコン互換機「Analogue Super Nt」の取扱を開始いたしました。
    先日ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」を発表し、これまでに、ファミコン互換機Nt Miniやメガドライブ互換機Mega Sgなどを手がけて高い評価を得て実績のあるクラシックゲーム互換機メーカーの米Analogue社の製品となります。
    いずれもオリジナルのゲームカートリッジやコントローラを利用してプレイできる互換機で、ソフトウェアエミュレーションではなく、「Altera Cyclone V」というFPGA半導体チップとHDL(ハードウェア記述言語)を用いて、ハードウェアそのものを100%再現しています。
    スーパーファミコン互換機「Analogue Super Nt」も、スーパーファミコンの非常に高い互換性を保証し、2,200本以上ものスーパーファミコンおよびSNESのタイトルが動作することをうたっています。リージョンフリーです。
    スーパーファミコン用周辺機器もコントローラ端子およびカートリッジスロットを使用するほとんどが利用可能となっています。
    コントローラ端子を使用するジョイスティック、マウス、マルチタップや、カートリッジスロットを使用するスーパーゲームボーイ、プロアクションリプレイ、スーファミターボなどが利用できます。スーパースコープはブラウン管の走査線を感知するので液晶モニタでは不可です。
    マニアックな詳細設定、ファームウェア更新が可能です。
  • ブリトーなげなげ
    ブリトーなげなげ
    4,480円-16,800円
    10億円を集めた伝説のカードゲーム「EXPLODING KITTENS」チームの最新作!「ブリトーなげなげ」
    Exploding Kittens社製カードゲーム「ブリトーなげなげ」の輸入販売
    2015年にクラウドファウンディングサイト「Kickstarter」において、過去最高額の10億円の出資額を集めた伝説のカードゲーム「EXPLODING KITTENS」を生み出したクリエイターチームの第二作。
    ゲームをデザインしたのはXboxなどのゲームデザイナーとして知られるエラン・リー氏。カードのイラストは海外で絶大な人気を誇るWebコミックサイト「The Oatmeal」のマシュー・インマン氏。人気クリエイターのコラボが生み出したユニークなカードゲームの第二弾として既に話題になり、開始から既に目標額の1万ドルの120倍の120万ドル(約1億3000万円)を突破し製品化が決定してさらに増額中です。
    今回もおバカ大爆発!
    世界初のドッジボールカードゲームだ!カードを集めてブリトーを相手に投げつけろ!
    ルールは簡単。動画を見てみよう。
    なんじゃこりゃ???
    メーカー直接注文は別途送料30~60ドルがかかりますが、当店はまとめて注文するのでその分割安です。
  • ボードゲーム専用タブレット機「Gameboard-1」
    ボードゲーム専用タブレット機「Gameboard-1」
    39,800円-49,800円
    米The Last Gameboard社(アメリカ合衆国コロラド州ボルダー)製ボードゲーム専用タブレット機「Gameboard-1」の一般向け販売を開始いたします。
    クラウドファンディングプラットフォーム米Kickstarterにおいてキャンペーンを開始し、目標額10万ドルを突破し、18万ドルを集め、製品化が決定いたしました。
    Gameboard-1
    https://www.kickstarter.com/projects/gameboard1/gameboard-1

    40センチの正方形タブレットな外観のボードゲーム専用タブレットゲーム機です。
    ディスプレイにゲームボードが表示され、駒を載せるとNFCにより、自動認識されます。
    アプリストアから好みのボードゲームを選択してプレイでき、オンライン対戦にも対応しています。
    複数のGameboard-1を接続して、より大きな画面でプレイすることも可能です。
    スマホアプリとペアリングすることで、サイコロを振るなどの物理的な動作もスマホで行うことができます。
  • ボードゲーム「Great Wall Board Game」
    ボードゲーム「Great Wall Board Game」
    8,600円-18,800円
    Awaken Realms社(ポーランド共和国ドルヌィ・シロンスク県ヴロツワフ)製ボードゲーム「Great Wall Board Game」の予約受け付けを開始いたしました。
    精巧なミニチュア造形で定評のあるAwaken Realms社による新作です。万里の長城を作るワーカープレイスメントです。
    現在クラウドファンディングサービスKickStarterでキャンペーン中で、目標額4万ポンドを一瞬で達成して製品化が決定し、現在は87万ポンド(約1億2000万円)を突破しており、12月18日まで続けられます。
    Great Wall Board Game
    https://www.kickstarter.com/projects/awakenrealms/great-wall-board-game
    BoardGameGeek(BGG)による情報
    https://boardgamegeek.com/boardgame/292375/great-wall
    Man Vs Meepleによるプレビュー動画
    The Great Wall Preview (Awaken Realms)
    https://www.youtube.com/watch?v=pElz57o7fqQ
  • ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」
    ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」
    89,900円-173,400円
    SMACH社(スペイン バレアレス諸島・マヨルカ島パルマ・デ・マヨルカ)製ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」の予約受付です。
    ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」は、AMD社製RyzenベースのSoCを採用し、6インチフルHDタッチスクリーンを搭載、STEAMで配信されている1000以上のゲームタイトルに対応し、バッテリー駆動で5時間以上動作します。
    ポータブルゲーミングPC「SMACH Z」は、クラウドファンディングプラットフォーム米Kickstarter発のゲームガジェットで、現在開発が進められており、2020年1~3月の出荷開始予定がメーカーによりアナウンスされております。
    また、東京ゲームショウ2019で実働展示され、いよいよ出荷に向けて舞台が整ってきました。
  • メガCDアダプタ「MegaSD」
    メガCDアダプタ「MegaSD」
    39,800円-44,800円
    TeraOnion社製のメガCDアダプタ「MegaSD」の輸入販売です。
    メガCDアダプタ「MegaSD」は、CD-ROMドライブなしにメガCDの機能を再現するキワモノガジェットです。
    仕組みは、「MegaSD」そのものがカートリッジとなっており、メガドラ(互換機)本体に差し込みます。ゲームのROMデータはmicroSDカードに保存し、内蔵FPGAボードでメガCDの基板そのものをエミュレートしています。
    「MegaSD」はマスターシステムやスーパー32X用ソフト(別途要32X用アドオン)にも対応。手元に購入したROMカートリッジやCD-ROMソフトがあり、説明書に従ってROMデータを吸い出してmicroSDカードに書き込めばプレイが可能になります。
    「MegaSD」では回転・拡大・縮小といったメガCDでお馴染みの機能のほか、CDオーディオも再生可能です。
    メーカーの出荷開始予定日は8月です。
  • メガドライブミニ海外版
    メガドライブミニ海外版
    4,800円-19,800円
    「メガドライブ ミニ」の予約受け付けです。
    ローカルバージョンの日本版/北米版/EU版/アジア版の全てを取り扱います。
    本体は1988年に発売された最初のモデルをもとに、オリジナルの約55%のサイズに縮小し、手のひらサイズにした「メガドライブ ミニ」。
    コントロールパッドは当時そのままのサイズとなる「ファイティングパッド6B」を標準装備。
    発売日は全世界同時の2019年9月19日。
    出荷開始は2019年9月19日を予定しております。
  • 加exklim社製ポータブルグラフィックカード「eX Core」
    加exklim社製ポータブルグラフィックカード「eX Core」
    79,800円
    2018/10/31運営側よりクローズされました。
    加exklim社製ポータブルグラフィックカード「eX Core」です。
    「eX Core」は、クラウドファンディングサービスIndiegogoにて、7月10日からキャンペーンを開始し、目標金額に対し、181%、11万9,656米ドルの資金を集め、製品化が決定いたしました。
    開発元の加exklim社はカナダのモントリオールに拠点があるスタートアップ企業です。
    「eX Core」は、ノートパソコンのグラフィック性能をブーストし、快適なゲームプレイを実現します。
    最新のWindowsとMacOSに対応しており、プラグアンドプレイ対応で複雑な設定なく、簡単に使用することができます。USB-Type CのThunderbolt3対応ケーブルで接続するだけで使えます。
    搭載されたGPUはNVIDIA社製GeForce GTX 1050で、ノートパソコン標準の内蔵GPUに比べて、6倍~10倍の性能を発揮します。
    「eX Core」は、仮想通貨マイニングも対応しています。独自のASICアルゴリズムテクノロジー「ターボハッシング技術」により、仮想通貨のマイニングを高速処理することが可能です。
    [ヴェルテについて]
    ヴェルテでは、日本未発売の希少性の高い海外製デバイスを中心に日本総代理店・正規代理店・並行輸入等の様々な流通ルートで入手・販売するキュレーションセールスを行っています。
  • 携帯ゲーム機「ニューGameShell」
    携帯ゲーム機「ニューGameShell」
    7,400円-29,800円
    clockwork tech社製携帯ゲーム機「ニューGameShell(ゲームシェル)」です。
    「ニューGameShell」は、クラウドファンディングサービスKickstarterで2017年11月にキャンペーンを開始し、5万米ドルの目標のところ、スタートからわずか13時間で到達し、29万米ドルを集め、製品化が決定し、2018年7月に無事出荷を開始したGameShellのアップグレード版です。
    この度、メーカーサイトのリニューアルとグランドオープンを記念して、30%価格オフとアップグレード版ニューGameShellの予約受付を開始いたしました。出荷途中であるGameShellは全て、ニューGameShellに置き換えられます。
    「ニューGameShell」は自分で組み立てる、プラモデルのようなオープンソースの携帯ゲーム機です。コンパクト、スリムで、モジュール単位で組み合わせることを前提に設計され、DIYにゲームをクリエイトし、モディファイできます。
    「GameShell(ゲームシェル)」は、世界で初めて開発されたモジュラー型の携帯ゲーム機で、GNU/Linuxの思想に基づいて設計されています。プログラム言語のC、Python、LUA、LISPをサポートしており、ゲームプログラミングをはじめとする各種プログラミングを学ぶことができます。
    「GameShell(ゲームシェル)」は、5つの独立したモジュールにより構成されています。メインボード(clockwork Pi)、スクリーン、キーパッド、ステレオスピーカー、バッテリーです。これらを組み合わせ、あるいは単独で、自由にプログラミングすることができます。
    アップグレードした強化点は
    ・メモリが1GBへ倍増
    ・clockworkpi OSを収録した16GB MicroSDカード付属
    ・Micro HDMI出力がついた
    ・1200mAh充電池へ増加
  • 携帯ゲーム機「小覇王Q400」
    携帯ゲーム機「小覇王Q400」
    2,800円-12,800円
    小覇王社製Linux搭載オープン系携帯ゲーム機「小覇王Q400」予約受付
    小覇王社は知る人ぞ知る中国の老舗で最大のゲーム機開発製造会社です。
    「小覇王Q400」は4インチディスプレイ、Linux搭載でオープン系の携帯ゲーム機です。
    HDMI出力が可能でテレビに接続して遊びことができます。最大4個のゲームコントローラが接続可能です。
  • 携帯ゲーム機「Creoqode LYRA」
    携帯ゲーム機「Creoqode LYRA」
    19,800円-26,800円
    英Creoqode社製携帯ゲーム機「Creoqode LYRA」の予約受け付けです。
    プログラミングで操る顔面AIロボ「NOVA」を作った英Creoqode社が、今度は携帯ゲーム機「Creoqode LYRA」をリリースします。
    現在クラウドファンディングサービスKickStarterでキャンペーン中で、目標額3万ポンドを達成して、製品化が決定し、現在は5万6,000ポンドを突破しています。
    LYRA Handheld Game Console
    https://www.kickstarter.com/projects/creoqode/lyra-handheld-game-console
    「Creoqode LYRA」は、シングルボードRaspberry Pi CM3 Liteを搭載した携帯ゲーム機です。
    HDMIでテレビに出力したり、キーボードとマウスをつなげれば小型PCとしても活躍します。
    2モデルあり、完成品のRTGバージョン、組み立て自作型のDIYバージョンがあります。
    出荷開始は2019年12月を予定しております。
  • 携帯ゲーム機「Supretro」
    携帯ゲーム機「Supretro」
    9,800円-14,800円
    仏Neslou社(フランス共和国リヨン)製携帯ゲーム機「Supretro」の予約受け付けを開始いたしました。
    「Supretro」は縦長のハンドヘルド型で、Andorid6.0を搭載したスタイリッシュな携帯ゲーム機です。
    RETRODODOによる記事
    Supretro Handheld Has The Ability To Play N64 & Dreamcast Games
    https://retrododo.com/supretro/
    ETA PRIMEによるレビュー動画
    Super Retro Game Handheld First Look! Android Powered Pandoras box Handheld
    https://www.youtube.com/watch?v=fJ8fdnGcXIQ
  • 欧米任天堂製家庭用ゲーム機「Super NES Classic Edition」
    欧米任天堂製家庭用ゲーム機「Super NES Classic Edition」
    15,800円-17,800円
    欧米任天堂製復刻版家庭用ゲーム機「Super NES Classic Edition」は、伝説の家庭用ゲーム機「スーパーファミリーコンピュータ」(通称スーパーファミコン、海外名:Super Nintendo Entertainment System、SNES)の復刻版です。
    16ビット版の「スーパーマリオワールド」などスーパーファミコン向けに発売された人気ゲーム21種類を内蔵しており、HDMI出力により、最新の液晶テレビなどでプレイできます。コントローラのサイズは従来通りでミニではありません。
    欧米版は日本版と5本が違うゲーム内容です。
    送料代行料の内訳です。
    カリフォルニア州トーランス市売上税9%  http://www.boe.ca.gov/app/rates.aspx?LETTER=T&LIST=CITY
    日本の内国消費税8%(輸入時に商品代金+送料の合計額に課税)
    欧米国内、日本国内の送料、手配梱包手数料
    ゲーム機の関税は無税

(カテゴリー内 : 41点)

カートの中身

カートに商品は入っていません